いまから考える事業承継

東京商工リサーチ2019年調べによると、中小企業で後継者が決まっていない「後継者不在率」は55.6%と、半数以上の企業に及ぶことがわかりました。 代表者の年齢別では、60代が40.9%、70代が29.3%、80代が23.8%で、代表者の高齢化が後継者難に拍車をかけている状況も浮かび上がりました。事業承継対策をしていないと、様々な理由で事業が不安定になり、事業の継続が困難となってしまいます。なんとなく必要なのは分かっていても先延ばしにしがちな事業承継問題。新型コロナウイルス感染症による影響で、経営をめぐる状況変化がスピードアップしています。問題になる前にできるだけ早く対策を講じることをお手伝いします。経営の事や後継者の事でお悩みの経営者の方々、どうかお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 令和2年度分確定申告期限4/15に延長へ

  2. 経営革新等新機関として認定されました

  3. 応接室に花

    確定申告・・来年に向けて

  4. 経済産業省の次は都道府県の家賃給付金制度をしましょう

  5. 応接室に花

    役員への金銭貸与と給与課税「適正利率」での計算がポイント

  6. 新型コロナウイルス拡大防止への国税の取り扱いQ&A