事業用小規模宅地特例を見直し 貸付事業用の宅地等も適用除外

「特定事業用宅地等に係る小規模宅地の特例」の適用要件が2年続けて見直されました。 この特例は、相続人が事業を継続すること等を要件に、事業用宅地等の相続税の課税価格を8割又は5割減額する制度です。2018年度改正では、一定要件を満たす「家なき子特例」とともに、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等が対象から除外されました。さらに2019年度改正では、特定事業用宅地等の範囲から「相続開始前3年以内に新たに事業の用に供された宅地等」が除外されることになり、2019年4月1日以後に相続・遺贈により取得する宅地等の相続税から適用されています。これにより、貸付事業用の小規模宅地等特例の例にならい、節税目的の駆込み的な適用が不可能となりました。 ただし、上記のような宅地に該当する場合であっても、①「その宅地で事業の用に供されている減価償却資産の価額」が「その宅地等の価額」の15%以上であり、②事業を行っていた被相続人等の事業の用に供されたものである場合――に限り、従来と変わらず特例の適用対象とされました。 なお、一連の改正の背景には、会計検査院の実態調査により、特例を適用した納税者のうち、相続発生から短期間で宅地等を譲渡していた者が多数いたことが明らかになったことがあります。この調査を受けて会計検査院は、「事業や居住の継続への配慮という政策目的に沿ったものとなっていない」と指摘していました。 小規模宅地の特例についてもっとやさしく解説してほしい、自分もあてはまるのか気になる・・このような場合はぜひ当税理士事務所にご相談ください。

関連記事

  1. 応接室に花

    補助金や助成金のお手伝いをいたします

  2. 応接室に花

    残高8兆円超と成長を続ける「ラップ口座」.割高な手数料でも人気を集める…

  3. 応接室に花

    役員への金銭貸与と給与課税「適正利率」での計算がポイント

  4. 応接室に花

    確定申告・・来年に向けて

  5. 応接室に花

    ダイレクト納税とQRコード納税

  6. 応接室に花

    10連休は全ての税務署が閉庁