トピックス

消費税不正還付申告法人への実地調査 追徴税額128億円。前事務年度のなんと4倍!

虚偽の申告により不正に消費税の還付金を得るケースが見受けられています。

国税庁は、こうした不正還付等を行っていると認められる法人については、的確に選定し、厳正な調査を実施しています。

今年6月までの1年間(2016事務年度)においては、消費税還付申告法人6867件(前年対比8.1%減)に対し実地調査を実施し、消費税296億1500万円(同94.6%増)を追徴課税したことが明らかになりました。

実地調査した6867件のうちの約12%に当たる802件(前年対比5.0%増)は不正に還付金額の水増しなどを行っていたとして、127億9900万円と前事務年度(約30億円)の4倍の追徴課税をしています。

消費税還付申告法人に対する追徴課税の推移をみると、2014事務年度は約77億円(不正に係る追徴税額11億円)、2015事務年度は約152億円(同約30億円)、そして2016事務年度は約296億円(同約128億円)と大幅に伸びているそうです。

調査事例をみると、多額の還付申告に着目し、不正還付を解明したものがあります。

大阪国税局管内で特殊器具の加工・製造を営むA社は、消費税の還付申告内容に不審点があったため調査を実施。その結果、A社は、国内取引を輸出取引に仮装する手口で、不正に消費税の還付を得ようとしていることが判明しました。

A社に対しては、3年間分の消費税について追徴税額1900万円(加算税込み、重加算税有)が課されているそうです。

税金を多く払いたい・・と、思うのは、何かしら事情があってのことと思います。多くの場合、本当は税金が少ない方がうれしいはずです。でも、正しい申告をしていないと、あとでいやな思いをしてしまう事もあるのではないでしょうか。

一覧へ

ご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい
(受付時間 9:00〜17:00)

TEL 03-6222-8439 FAX 03-6222-8439 お問い合わせフォーム
バナー1
バナー2
バナー3
ページの先頭へ戻る